デジタル家電製品買取専門の家電マイハート

高値買取のポイント - 少しでも高く買い取って欲しい─。そんなお客様の声にお応えするため、高値買取のポイントをまとめてみました。

お問い合わせは、お得で便利なフリーダイヤルで

0120-66-4830

受付時間:AM10:30〜PM7:00

受付24時間年中無休!

※お返事は営業時間内になります。

メールでお問い合せはこちら→

文字の大きさ

標準

日頃のお手入れ - 手放すときの状態が良ければ、高値買取につながります。

売る側、買う側問わず、汚れたものと綺麗なものどちらが好印象かと言えば、やはり綺麗なものの方が良い印象を持つはずです。

家電マイハートでは、リユース商品として販売する前に隅々までクリーニングを施しております。お客様ご自身で丁寧に、そして綺麗にクリーニングをしていただければ、当社の手間が省ける分、高く買取ることも可能になってまいります。

綺麗にクリーニングしましょう

1.外観の清掃

通常は水に濡らし、よく絞った濡れ雑巾で拭きます。水分が残らないように乾拭きすると安心です。

タバコのヤニなどの頑固な汚れは、水道水と薬局などに売っている無水エタノール(この場合は消毒用エタノールでも可)5:5の割合で合わせて使用します。
除菌目的で使用される場合は、薬局で売っている精製水と無水エタノールを2:8の割合で合わせます。精製水を使用したものは傷口などの消毒用としても利用できますので便利ですね。

無水エタノールがない場合、キッチン用クリーナー(アルミなど金属部分に問題なく使用できるか、また機種によってはレタリングが剥がれる場合がありますので、用法を良くご確認の上お使いください)などを筆や歯ブラシに塗布し、汚れが浮いてきたらタオルなどでふき取ります。

その他、機器の天板や裏側などこまめに掃除機をかけ、埃の侵入を防ぎましょう。

2.内部の清掃
レンズ交換式デジタルカメラの場合

デジタルカメラの外観は、ブラシで大きなゴミを落としてから、ブロワで埃を吹き飛ばした後、柔らかい布などで優しく拭いてください。

レンズは、ブラシで大きな埃を落としてから、ブロワで埃を吹き飛ばした後、専用のクリーニング液を柔らかい布に少量つけ、内側から外側へ円を描くように拭いていきましょう。

レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラの場合、日頃からミラーボックスの中に埃やゴミが入らないように気をつけてください。万が一イメージセンサーに埃やゴミが付着してしまった場合、機能として「クリーニングモード」を備えた機種もございますので、まずはそちらを試してみましょう。どうしてもゴミが取り除けない場合は、ブロワで埃やゴミを吹き飛ばすだけに止め、最寄りのメーカー・サービスセンターに依頼するか、家電マイハートにご相談ください。

レコーダー・パソコンなどディスクドライブを備えた製品の場合

DVD-R形式のビデオカメラやレコーダー、パソコンなどの記録式ディスクドライブを持つ製品は、日頃からこまめにレンズや外観のクリーニングなどメンテナンスをしましょう。

内部清掃は無理になさらずにご相談ください。

ご自身で分解清掃などを行った場合、誤って破損させてしまったり故障の原因になる場合がございますので、内部清掃が必要な場合、メーカーにオーバーホールを依頼されるか、マイハートにご相談ください。

外観に関してましても、ご自身でのクリーニングが難しいと判断された場合は、無理をなさらずにそのままお持ちください。

希に、無水エタノールで溶ける材質もありますので、目立たない箇所でテストしてからお使いください。

せっかく綺麗にクリーニングをされても、壊れたお品では買取ができない場合がございます。クリーニングの前と後に動作確認されることをお奨めいたします

3.充電池・電池の取扱いに関して
長期間使用しない場合は

デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、ノートパソコンなどを長期間使わずに保管する場合、半分程度に充電し、充電池を外した状態で保存しておきましょう。

また、リモコンなどの乾電池は液漏れを防ぐために、外して保管しましょう。

充電池の種類によっては充電量が少ない場合、自己放電を起こし過放電状態になり、完全に使えなくなってしまう場合があります。充電量の目安は、比較的最近のニッケル水素充電池の場合で50%、リチウムイオン充電池で40%程度と言われています。

電池を取り外しますと、日付や時間がクリアされる場合がございますのでお気をつけ下さい。

お使いの充電池によっては、必ずしもこれに該当しない場合があります。詳細は、製品の取扱説明書をご確認ください。

高値買取のポイントメニュー

携帯から手軽に査定依頼!!

家電マイハート・モバイル

アドレスをメールで送信→